海外宣教者からのクリスマスと新年のご挨拶

2015年ご降誕祭~2016年新年の祝賀

1.チャド(ギダリ)  ショファイュの幼きイエズス修道会 Sr.松山 浩子

海外宣教者を支援する会の皆様

皆様お元気ですか? 11月13日パリでのテロリストにより亡くなった方約130人、アフリカのマリのホテルでも約30人が犠牲になっています。チャドでもイスラム過激派、ボコ・ハラムに対してすごい警備をしています。例えば、首都ンジャメナの中央市場でも人々を調べ、入ることができない人もいます。そこで一度、爆破事件があったからです。

ギダリの村でもみんなそれなりに、連帯して変な人を入れないようにしています。警察のコントロールは厳しいです。修道院にも気の変な人が入ってきて、棒を片手に「金を出さないと叩くぞ!」と言われました。「叩くなら、叩いてみる?」と応じて、空手の構えをすると、それだけで驚いて出て行きました。修道院には2人のチャドの男の人も働いているし、2匹の犬、3匹の猫も助けてくれます。

チャド人の主任司祭も、私の休暇中に交通事故を起こされて、小教区の会計は赤字の上に、さらに借金だらけになりました。海外宣教者を支援する会からガソリン代を頂いて、何とか動けています。

「信頼する」ことが本当に困難です!もっと優しくなりたいと思っているのですが、口から出ることばは、乱暴なことばで、私はヤクザのようだと思い、日々反省するばかりです。

日本から刑務所に入っている方のお便りが、何時も聖なることばかりです。例えば、小鳥が窓から入ってきて、自分の残りの食事を与え、名前をつけて、育てていることとか、他人に対しての言葉つかい、細やかに相手のことを想像しての思いやりのこととかが書いてあります。私の方が自分のことばかりで、多くの修道者の方が、「自分が一番正しい」と思っているようで、私の方が刑務所に入って、反省したいくらいです。

そんな私でも、いろいろな方のお助けで、生かせて頂いているのかなとか、今救い主が生まれたら、私は会うことができるのだろうかとか、戦争を逃れて旅する親子の中に救い主がいるかも知れないとか、余りにも快適さを求めて生きるのも罪なのではないかとか、思ったりしています。

今の不便さの中の生活に感謝です。真理、平和、そして私たちの新しい年に神の祝福された言葉が実現しますように、と祈るのみです。

SrMatsuyama

2.チャド(ギダリ) ショファイュの幼きイエズス修道会 Sr.有園 順子

クリスマスと新年のお喜びを申し上げます。

海外宣教者を支援する会の皆様の上に神様の豊かな祝福をお祈り申し上げます。また、マタタ神父様を初め、運営委員の皆様、個人会員、団体会員の方々、一面識もないボランティアの方々、匿名の方々、疲れもいとわず、報酬も求めず、物的に、経済的に、霊的にほご支援下さる方々に心からお礼申し上げます。皆様のご支援あってこそ私の、私たちのミッションはあるのだと確信しています。

主、ご自身が皆様をお報い下さいますようにとお祈りいたします2016年もどうぞよろしくお願いします。

S.Arizono_R主任司祭と村の子供たち 2015

3.ブラジル(パラナ州) 長崎純心聖母会 シスター高平 恵子

海外宣教者を支援する会の皆様

主のご降誕と新春のお喜びを申し上げます。

皆様に支えられ、多くの恵みをいただきながら、過ごさせていただきました2015年、心より感謝申し上げます。「きずな」やカレンダー、そして皆様方の大きな祈りの力、心より感謝いたします。

新しい2016年、皆様にとって恵み多き年となりますよう、幼子イエス様のご祝福をお祈り申し上げます。来年もよろしくお願い申し上げます。

S.Takahira_R

 

4.フランス(ジョンシィ)  ショファイュの幼きイエズス修道会 Sr.青木 文子

†主の平和が皆さんの上にありますように。

海外宣教者を支援する会の皆様、新年明けましておめでとうございます。いつも「きずな」を送ってくださり、今回は素敵な2016年のカレンダーも同封していただき、有り難うございます。いろいろな国の宣教のニュースを読み、励まされております。

昨年はパリで2度もテロ事件があり、多くのフランス人にとって、愛国心を再認識する機会になったようです。国の標語 “自由。平等、博愛”もよく耳にするようになりました。

2016年を主のみ手に委ねて、生きていきたいと思っております。

感謝と祈りを込めて!

S.F.Aoki_R

5.カンボジア(プノンペン) JLMM 浅野 美幸・細川 昭雄・井手 司

主のご降誕おめでとうございます。

JLMMカンボジアからクリスマスのご挨拶です。

皆様には日頃から温かいご支援、ご協力を賜り、厚く御礼申し上げます。私どもは現在、プノンペン・ステメンチャイに浅野、シェムリアップ教会に細川、コンポンルアン水上村に井手の3名が派遣されています。

この3名が、カンボジアの地で現地の人々と喜びや苦しみを分かち合い、「共に生きる」ことで福音的な者会の実現を目指すこと、それが日本の社会から派遣された私ども信徒宣教者の使命です。

これからも応援、お祈りのほど宜しくお願いします。

救い主である、幼子イエス誕生の喜びのうちに!

JLMM_R

6.ブラジル(パラナ州) イエズス会 司祭 Fr.リノ・スタール

海外宣教者を支援する会の皆様に

私たちの主キリストと祝福された聖母マリアがクリスマスに、そして2016年の日々に皆様おひとり一人を祝福されますように!

Fr.Stahl_R

7.ドイツ(デュッセルドルフ) 聖パウロ女子修道会 Sr.比護 キクエ

海外宣教者を支援する会の皆様

主のご降誕と新年のお喜びを申し上げます。いつもお祈り有り難うございます。

ドイツにきてから30年経ちましたが、25年前の東西ドイツの統一の想い出もまだ昨日のように感じられるのに、今は海から陸からいつ終わるともなく、怒濤のように押し寄せる難民を救うために、全国民が国をあげて対応している姿に、頭が下がります。

来年こそは、主の恵みのうちに良い年でありますように祈りつつ!

S.Higo_R

 

8.アメリカ(ボストン) 師イエズス修道女会 Sr.丹野 清子

海外宣教者を支援する会の皆様

スタッフの皆様、お元気でいらっしゃいますか。皆様のお心遣い、お祈りをいつも感謝しています。

4月には休暇で帰国したのですが、スケジュールの都合で訪問できず、とても残念に思っています。この度ボストンの共同体に移りました。やっと古巣に戻った気分です。これからもよろしくお願いいたします。

紛争の絶えないこの世界に真の平和を祈り、馬小屋の粗末なゆりかごにお生まれにイエス様が苦しむ人々の心を慰め、暖めて下さいますように心から願う毎日です。

皆様の上にも豊かな祝福がありますように!

S.Tanno_R

9.カナダ(モントリオール) 師イエズス女子修道女会 Sr.原田 昌子

海外宣教者を支援する会の皆様へ

幼子イエス様のご降誕と新しい年のお喜びを申し上げます。

大変ご無沙汰いたしておりますが、私たちのために変わらぬ支援とお祈りを有り難うございます。何方かが祈って下さっていると信じているだけで、元気が出て来ます。

慈しみの特別聖年が始まりました。ここモントリオールでも2016年末までに、6,000人のシリア難民を受け入れる予定で、第一陣1,000名、第二陣298名が着きました。テレビのニュースで、着の身着のまま、列に並ぶ人々を見て、カナダの厳しい冬に着いて、大変なことでしょうと思いました。市当局では、1日1,800カナダドルの支出を決め、支給を始めました。学校や市民団体も動いていますが、私たちも保存食品などを持参して、小さな分かち合いをしました。

これから本格的な冬に入りますので、路上生活者の方々、共々無事に越冬して欲しいと祈る日々です。どうぞお祈り下さい。

新しい年も皆様方の上に主の豊かな祝福が注がれますよう、お祈りいたします。お身体をご大切にお過ごし下さい。

S.Harada_R

 

10.ブラジル(サンパウロ) 日伯司牧協会 Fr.ヤマモト・イサオ

クリスマスと新年のお喜びを申し上げます。

今年も神様のお祝福があなたの上に豊かにありますように!

PANIB_R

2015年7月20~23日に開催されたPNIB全国評議会

11.ボリビア(サンタクルス)
イエスのカリタス修道女会 Sr.立石 順子・井手 暁子・山本 千代子

クリスマスと新年のお喜びを申し上げます。

皆様、如何お過ごしでしょうか。オガールファチマの赤ちゃん幼児たちは、皆様の暖かい愛情、善意に支えられて、毎日出会う大小の出来事にも、元気と笑い顔を絶やさず、喜びのうちに無事、2015年を過ごすことができました。心からの感謝を申し上げます。

2016年も皆様の上に、幼子イエスの平和と慈しみの祝福をお祈り申し上げます。

SrTateishi_R

12.カンボジア(シェムリアップ) ショファイユの幼きイエズス修道会
Sr.黒岩 あつ子・樫野 寿美子・山口 フミエ

皆々様

主のご降誕と新年のお喜びを申し上げます。

新しく3人のメンバーで過ごした2015年は、教会、プレスクール、主にクメール語の勉強と三人三様の活動でしたが、つつがなく過ごすことが出来きましたことを感謝しています。

シエムリアップ教会においては、主任司祭のパヌス神父様の転任によって、バタンバンからトテット神父様(イエズス会・フィリピン人)をお迎えし、新しい年が始まりました。これまでとはまた異なる教会の雰囲気になるのでしょう。

10月に新年度が始まったプレスクール(50名)では、まだ正味一か月半ほどの保育時間を過ごしたに過ぎない状態ですが、今年もクリスマス会をし、5歳児(25名)による聖劇も行いました。園児にとっては楽しく、観客には笑いのドタバタ場面もありましたが、きっと子供たちの心に残る良き思い出になることでしょう。

今年も様々なご支援、ご協力、励ましをいただき、心より感謝しつつ、クリスマスにあたり父なる神様のいつくしみを示された幼子イエス様の豊かな祝福をお祈り申し上げます。

Cambj 1_R

13.ペルー(リマ) イエスのカリタス修道女会 Sr.秋永 すみえ

主のご降誕と新年のお喜びを申し上げます。

皆様の寛大なお心遣いに支えられ、今年一年を過ごすことができましたkとを心より感謝申し上げます。

来る2016年が、皆様にとって憐れみ深い主の愛を体験するすばらしい年となりますように。

SrAkinaga_R

14.ペルー(リマ) 信徒宣教者 Ms.大橋 美智子

海外宣教者を支援する会のみなさま

いつもみなさまの祈りに支えられ「きずな」の便りとカレンダーをいただき、感謝いたしております。つくづく交信の不足を恥じています。これから努力します。

混沌のなかでも、ペルーと日本のテンポは祈りのうちに夢を、希望を成長のよろこびにつなげています。

みなさまのお働きに主のお恵みが豊かにありますように!感謝と祈りのうちに。

砂漠のリマ郊外にある貧窮地カラバイヨの職業訓練校は、今年で23年目を迎えました。ゼロから地域の住民、日本の支援、教師、卒業生、生徒の心と力と創造性によって、コツコツ出来たものです。ぜんざい、生徒は朝、午後、夜間を合わせて、650名です。

MsOhashi_R

15.ネパール(バンディプール)
ノートルダム教育修道女会 シスター今村 精子・金谷 美代子

ご降誕と新年のお喜びを申し上げます。

聖歌にある “小さな人々の一人一人を見守ろう。一人一人の中にキリストがいる”という言葉を実践して、温かいお志を届けてくださった皆様に、新しい年にも神様の豊かな祝福とお恵みがありますようにお祈り申し上げております。

Nepal

 

16.タイランド(バンコク) 聖パウロ女子修道会 Sr.阿部 羊子

主のご降誕おめでとうございます。

お元気でクリスマスを迎えられたことと思います。常夏の国の汗を流して迎えるクリスマス、何度迎えても、やはり寒い冬の方がいいですね。今年はいつもより短く感じる1年でした。 366日、来し方を思い、主にすべてをお捧げして感謝のうちに過ごしています。

現在タイの女子パウロ家族は計10人ですが、7人(タイの有期誓願者2人、修練者1人、志願者3人と  SrJuliettaがお母さんの介護で長期休暇中)がフィリッピンで、残り3人(Sr.Mercy、Sr.Coraと私)がタイでがんばっています。タイ司教協議会広報部にCoraが勤務、院長のMercと二人で書院を交代しながら、私の務め(編集、炊事係)と日本人のための要理、読書会、聖書などの深読会をやっています。

おかげさまで元気に励んでいます。暴走しないように、時にゆっくりと歩調をゆるめるように… 先日は書院でちょっとした大工仕事中、聖品が並んでいる棚に当たらない様に体をかわして、滑って横っ腹を強く打ったりして… くしゃみしても痛い!忍耐の捧げどころです。客のいないときでなにより。黙っていたのですが、急にそろりそろりおとなしくなったので、バレてしまいました。自然に治りますのでご心配なく。

世界の現状況に思いを馳せながら祈り捧げています。

今年のうれしい出来事。

その1:パウロ書院新装開店。カトリック総合病院の一部改築のため、それまで書院が8か月間に3回も移動した仮店舗でした。広く素敵にしていただきました。

その2:「風のシンフォニー」の5、000部出版です(タイ語、英語、日本語の3ヶ国語)。

その3:100周年のささやかな行事いろいろ。その締めくくりはクリスマス期間、感謝を込めて100パーツ以上のお買い物をされた方に、空クジなしのくじ引き抽選会をやっています。タイの人が大好きな事で、とても喜ばれ、書院が賑わっています。

慈しみの主の年、心を込めて生きて、2016年、よい年になりますように。だいじに、ていねいに日々を過ごしてゆきたいです。来年2月総長訪問があります。お恵みの時です。

どうぞよいお年を! 主のいつくしみと聖母マリア様のみ護りのうちにありますように。ぐれも体を大事にお過ごしくださいませね。

SrAbe_R

17.ブラジル(ジャラグア)  アッシジの聖フランシスコ修道女会
シスター石原 テルエ・杉本 アンナ・マリア

主のご降誕のお慶びを申し上げます。

ご無沙汰いたしまして、お知らせを遅らせ、申し訳ございません。

私たち杉本と石原は、ビラ・マスコッチの支部で生活しておりましたが、その支部からジャラグア本部に帰りましたので、お知らせいたします。本部では黙想の家で雑役をしながら、毎日頑張っております。

いつも「きずな」をお送りいただき、うれしく拝読しております。厚くお礼申し上げます。海外宣教者を支援する会の皆様、本当に有り難うございます。

新しい年にも皆様の上にお恵みがたくさんありますように。